子育て・食・運動・環境などを通してご家族の健康・成長を応援します。 セミナーやイベントをフェイスtoフェイスで情報発信。

2011年10月19日

ストロンチウム。自然界にない放射線物質の特性とは

ストロンチウムの体内被曝が話題に上がっています。
特に、子どもは吸収率が高いので心配です。



ストロンチウムが体内に侵入してきた際どのような働きをするのでしょうか?




放射性物質の特徴は、地上にないα・β・γ線を放射してしまうことです。



放射性、ストロンチウム90は、ウランが核分裂するときにできます。


半減期は、29年で影響は長いですね。



カルシウムと似た性質の為に 体内に入ると骨に蓄積し骨肉腫や白血病の原因を引き起こすと言われています。




骨肉腫とは、



骨肉腫は、悪性骨腫瘍(骨のがん)のなかでは、もっとも発生数の多い腫瘍です。


 
日本整形外科学会では、全国の骨腫瘍の患者さんの登録を行なっていますが、毎年、百数十例の骨肉腫の患者さんが登録されています。 



10台前半に一番多く、男が女の約1.5倍多い病気です。70~80%は膝のまわりにでき、残りはほとんどが肩(上腕骨近位)です。病気としては少なく、全悪性骨腫瘍の発生率は、10万人に対して0.8人といわれています。



はじめ、走ったり跳んだりした後に、膝の関節が痛んだり、ボールを投げたりした後に、肩の関節に痛みを感じたりします。 



痛みは、安静にしていると軽くなるので、多くの人は、スポーツによる痛みと考えます。



事実、大部分の痛みはそうなのですが、骨肉腫の場合は痛みがだんだん強くなり、安静時でも痛む赤(赤くなる)、熱感(さわると熱く感じる)、さらに関節の動きが悪くなり(可動性制限)、脚をひきずって歩いたりすることもあります。 


発症の50%が、膝周辺ですから発見しにくいですね。


腫瘍はそのできた場所で大きくなる他に、血液やリンパの流れにのって離れた場所に広がることがあります。ちょうど火事の時に火の粉が風にのって飛散り広がるようなもので、これを転移と言います。


簡単にいえば、悪性腫瘍とは転移する可能性のある腫瘍のことです。この場合、切断や化学治療が必要になります。





白血病とは、




白血病は血液のがんです。

血液は赤血球、白血球と血小板の3種の血球と、これらが浮遊している液体である血漿よりなっています。
血球は骨の中にある骨髄の中で作られます。



白血病は正確に言うと、血液のがんではなく赤血球、白血球と血小板等の3種血球のがんです。

血球を作る細胞すなわち造血幹細胞が骨髄の中でがん化して無制限に増殖をする病気です。




昔、治療法がない時に、白血病細胞がどんどん増え続けて血液が白くなったために、白い血の病気すなわち白血病と命名されたのです。



わが国の白血病発生率は年々増加傾向にあり、2006年では年間人口10万人当り 5.9人(男7.1 、女4.7)で、年間7,400 名以上が死亡しています。




男性の方が多く、白血病は小児から高齢者までまんべんなく発生しますが、高齢者では発生率はより高くなり、70~74歳代では年間人口10万人当り男23.1人、女11.8人、80~84歳代では男38.9人、女18.3人になります。




白血病は、急性白血病と慢性白血病の2種類あります。



急性白血病は、 造血幹細胞が赤血球、白血球、血小板などの血球細胞に分化する過程でガン化し、正常な血球として働けない状態で増え続けてしまうことです。


進行は急速で、治療をしないと発病から数ヶ月で死に至る。ガン化するのが骨髄系幹細胞か、リンパ系幹細胞かにより、急性骨髄性白血病(AML)と急性リンパ性白血病(ALL)に分類される。



 主な治療法は、白血病細胞を薬で死滅させていく化学療法と、そっくり入れ替えてしまう造血幹細胞移植。



いわゆる「骨髄移植」は、ガン化した自分の造血幹細胞の代わりに他者(ドナー)から貰った造血幹細胞を骨髄に生着させる治療です。




いずれの療法でも100%の治癒・生存が約束される訳ではなく、また成功しても大きな副作用が長期に渡って引き起こされる場合もしばしば。ガン一般に言える事だが、難病であるのは間違いない。



 小児から青年層においては、白血病は最も発生頻度の高いがんです。



子供や若い人や働き盛りの壮年にも発生しますので、社会的には影響のある病気です。



そのため、実数はそれほど多くはないのですが、高齢者の病気である他のがんよりも、より注目されることになります。

青年層の死因としては、事故死に次いで第二位を占めています。




慢性白血病は、やはり造血幹細胞がガン化するが、急性白血病とは異なりガン化しながらも赤血球、白血球、血小板などの働きは出来る状態まで分化するのが慢性白血病です。



一応血液としては機能するので、急性白血病に比べて症状の進行速度は遅く、また慢性期には健康状態も急性ほどには悪化しないケースがあります。



場合によっては一日単位で進行する急性に比べ、慢性期は年単位で病気をコントロールしていくが、移行期を経て急性転化すると症状は急速に進む上に、急性白血病以上に化学治療は困難になる。



従って、慢性白血病については急性転化前に治療を行うか、急性転化を防ぐ事が重要になる。

転化後は急性と同じく、骨髄性(CML)とリンパ性(CLL)に分類される。




 急性と同じく、化学療法と造血幹細胞移植が主な治療法になるが、慢性期には急性転化を防ぐ、または遅らせる為にインターフェロン注射などが行われる事もあります。

いずれの治療法でも完治が約束される訳ではないのは、急性と同じです。




放射線に起因する白血病のリスクは、二つの点でほとんどの固形がんと異なる。



まず、放射線による白血病の発生率増加は、固形がんよりも大きいこと(しかし白血病は比較的まれな疾患なので、高線量被爆者の間でさえも絶対的な症例数は少ない)。



次に、白血病は被爆後、早期に増加(特に子供で顕著)したことです。


過剰白血病は被爆後約2年で発生し始め、被爆後約6-8年の間にピークに達するそうです。



このような怖いストロンチウム被曝は、身体に十分なカルシウムが摂取されていれば被曝を最小限に抑えることが出来ると言われています。





しかし、カルシウムにも種類があります。カルシウム溶解度実験してみました。
カルシウム溶解実験のようすは、コチラ



植物を基材とした栄養機能食品カルシウムは、「マゼカル」 商標登録中
身体に吸収されやすいカルシウムは、コチラ

携帯の方は、コチラから


同じカテゴリー(メルマガ)の記事画像
左馬
「300対15」
女性には女性のやせ方がある。
起きるにまつわる疑問にお答えいただきました~。
もう、メタボとは言わせない!
「生物時計」って何?  皮膚細胞の再生に影響を与えるのは?
同じカテゴリー(メルマガ)の記事
 左馬 (2014-01-11 18:00)
 「300対15」 (2013-07-09 16:40)
 女性には女性のやせ方がある。 (2013-02-02 19:53)
 起きるにまつわる疑問にお答えいただきました~。 (2013-02-02 19:29)
 もう、メタボとは言わせない! (2012-12-01 10:54)
 「生物時計」って何? 皮膚細胞の再生に影響を与えるのは? (2012-12-01 10:10)

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。